CTF Crypto

神本(無料)

『クラウドを支えるこれからの暗号技術』
http://herumi.github.io/ango/

神ツール

あらゆるフォーマットのエンコード・デコード・暗号化・復号化ができる

CyberChef
https://gchq.github.io/CyberChef/

Command gadgets

  • 文字列操作でニッチなコマンド

rev tac

xxd

指定のファイル(file.txt)を16進数表記にして、その結果を出力する。

xxd file.txt

上のコマンドで16進数表記にしたファイル(file.hex)を元に戻して、その結果を出力する。

xxd -r file.hex

2進数表記でも出力することができます。

xxd -b file.hex

文字列を16進数に変換する

echo "targetStr" | xxd -ps

16進数を文字列に変換する

echo "targetStr" | xxd -ps -r

xxd -p(-psでも可)でバイナリ→16進文字列、xxd -r -pでバイナリ文字列→バイナリに変換できます。

bc

bc コマンドをつかうと、16進(任意の基数)での計算ができます

$ echo "obase=10;ibase=16;FF00+FF" | bc
65535
$ echo "obase=16;ibase=16;100*100*100-1" | bc
FFFFFF
$ echo "obase=2;ibase=16;F0-1" | bc
11101111

bashでアルファベット順にn文字ずらした文字列を得る

例えば
1文字ずらしだとhello→ifmmp
2文字ずらしだとhello→jgnnq
みたいな感じ
1文字ずらしなら

echo "hello" | tr '[a-z]' '[b-za-a]'  

2文字ずらしなら

echo "hello" | tr '[a-z]' '[c-za-b]'

文字列⇔16進数表現⇔2進数表現

文字列→16進数表現

echo "ABC"|xxd

文字列→2進数表現

echo "ABC"|xxd -b

16進数表現→文字列

echo 4142434445464748 | xxd -ps -r

16進数表現→2進数表現

echo 4142434445 | xxd -ps -r|xxd -b

2進数表現→16進数表現

echo "obase=16; ibase=2; 010000010100001001000011010001000100010100001010" | bc

2進数表現→文字列

echo "obase=16; ibase=2; 010000010100001001000011010001000100010100001010" | bc|xxd -ps -r

シェルスクリプト - 文字と数値の相互変換

#!/bin/sh

CHAR_ASCII=$1
CHAR_DIGIT=`printf "%d" \'$1`

CHAR_DIGIT=`expr ${CHAR_DIGIT} + 1`

printf "%b\n" $(printf '%s%x' '\x' ${CHAR_DIGIT})

10000 までの素数を出力するシェルスクリプト

seq 2 1000 | factor | awk 'NF==2{print $2}'

文字列を任意の値でXORするシェルスクリプト

#!/bin/sh

LIST=`echo $1|fold -s1`

for WORD in ${LIST}
do

# setting
CHAR_ASCII=$WORD
CHAR_DIGIT=`printf "%d" \'$CHAR_ASCII`

#XOR_CHAR_ASCII=$2
#XOR_CHAR_DIGIT=`printf "%d" \'$XOR_CHAR_ASCII`
XOR_CHAR_DIGIT=0x01

# proccesing
CHAR_DIGIT=`echo $(( ${CHAR_DIGIT} ^ ${XOR_CHAR_DIGIT} ))`
printf "%b" $(printf '%s%x' '\x' ${CHAR_DIGIT})

done

echo

exit 0

XORSearch

http://blog.didierstevens.com/programs/xorsearch/ http://www.aldeid.com/wiki/XORSearch

ファイルをXORでブルートフォース。

$ ./xorsearch -i /data/tmp/getdown.exe http:
Found XOR 83 position 1800: http://1.234.27.146/pcfix.exe

ファイルをXORでブルートフォース。ヒットした値をファイルとして保存する。

$ ./xorsearch -i -s /data/tmp/getdown.exe http:
Found XOR 83 position 1800: http://1.234.27.146/pcfix.exe
$ strings /data/tmp/getdown.exe.XOR.83
[SNIP]
http://1.234.27.146/pcfix.exe
affid=23456732-34459
[SNIP]

XORStrings

http://blog.didierstevens.com/programs/xorsearch/

XORでブルートフォースした時のASCII文字の分布を表示する。

./XORStrings a.out

XORでブルートフォースした時のASCII文字の分布を表示する。ついでに、検出した長い文字順にソート。一番長い文字列を出力する。

./XORStrings -m -d a.out

Base N encoding

方式 使用される文字 参考
Base16 0123456789ABCDEF RFC4648
Base26 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
Base32 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ234567 or 0123456789ABCDEFGHJKMNPQRSTVWXYZ RFC4648
Base36 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ0123456789
Base52 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz
Base58 123456789ABCDEFGHJKLMNPQRSTUVWXYZabcdefghijkmnopqrstuvwxyz Bitcoinに利用
Base62 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789 JavaScriptの難読化等
Base64 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789+/ RFC4648
Base85(ASCII85) ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789!#$%&()*+.... 85種類の文字記号 AdobeのPostScriptやPDFファイルで利用
Base91 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789!#$%&()*+.... 91種類の文字記号 SECCON CTF 2013 オンライン予選で出題
Base92 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789!#$%&()*+.... 92種類の文字記号
Base94 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789!#$%&()*+.... 94種類の文字記号
Base95 ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789!#$%&()*+.... 95種類の文字記号
Base122 UTF-8のテキスト変換方式 エンコード方式 base-122
base65536 Unicodeの中から65536文字 github ferno/base65536

ファイルに含まれるbase64部分を抽出・デコードしてファイルに保存するツール

自作ツール。python2系。CentOSで動作確認済み。

base64_extraction.py

#!/usr/bin/env python
# -*- coding: utf-8 -*-

# base64_extraction.sh ver 0.2
# 引数のファイルに含まれるbase64部分を抽出・デコードしてファイルに保存する
# 第一引数… 入力フィル名
# 第二引数… 指定した数値より短い文字列はBase64の変換対象にしない(default 16)
# 2016.08.06 kanata

import os
import sys
import base64
import commands
import traceback

def write_decorded_base64(decodeed_base64,out_file_base,file_offset):
    try :
        file_content=base64.b64decode(decodeed_base64)
    except :
        #print "Base64 error"
        return(1)
    file_name=out_file_base[0] + "_" +str(file_offset)
    out_fd = open(file_name, 'w+')
    out_fd.write(file_content)
    out_fd.close()
    analysis_file_type(file_name)

def analysis_file_type(file_name):
    # detect filename extension & rename
    if os.name == "posix":
        file_extention=commands.getoutput("file -i "+file_name+"|awk -F'/' '{print $NF}'|awk '{print $1}'|awk -F'-' '{print $NF}'|tr -d ';'")
    else:
        file_extention="dat"
    #print "Debug:"+file_extention
    new_file_name = file_name+"."+file_extention
    if os.path.exists(new_file_name):
        os.remove(new_file_name)
    os.rename(file_name, new_file_name)
    print "\t"+new_file_name
    return(0)

if __name__ == '__main__':
    allow_decord_length=16  # The strings length shoter than this number. The strings not base64 target.
    file_offset=0
    file_content=""
    state_base64=False   # True:in False:out
    i=0                  # counter
    base64_length=0      # for chek allow_decord_length

    if os.name != "posix":
        print "[WARNING] I wonder this is not work encode for base64 by my windows7 enviroment. Please compare encoded file content by other ways."

    if len(sys.argv) >= 2:
        in_file=sys.argv[1]
        out_file_base=os.path.splitext(os.path.basename(in_file))
        file_size=os.path.getsize(in_file)
    else:
        print "ex)"+sys.argv[0]+" [filename] [minimum base64 length]"
        sys.exit(1)

    if len(sys.argv) == 3 and sys.argv[2].isdigit():
        allow_decord_length=int(sys.argv[2])

    try :
        in_fd = open(in_file,'rb')
    except :
        print "file error"

    while 1 :
        b = in_fd.read(1)

        if b in "ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZabcdefghijklmnopqrstuvwxyz0123456789+/" : # base64対象文字列
            state_base64=True
            file_content = file_content + b
            base64_length=base64_length + 1
        elif b in "=":
            file_content = file_content + b
        elif b in "\n\r":
            pass
        elif b in "\\":
            b = in_fd.read(1)
            if b in "n":
                pass
                # TODO:2count \n are not pass
            else:
                if state_base64 and base64_length > allow_decord_length:
                    #print "Debug:"+file_content+" "+str(i)
                    # ファイル出力処理,ファイル命名処理 #
                    write_decorded_base64(file_content,out_file_base,i)
                state_base64=False
                file_content=""
                base64_length=0
        else:
            if state_base64 and base64_length > allow_decord_length:
                #print "Debug:"+file_content+" "+str(i)
                # ファイル出力処理,ファイル命名処理 #
                write_decorded_base64(file_content,out_file_base,i)
            state_base64=False
            file_content=""
            base64_length=0
        sys.stdout.write("\rchecking..."+str(i)+"/"+str(file_size))
        sys.stdout.flush()
        i = i + 1

        if i > file_size:
            break
    in_fd.close()
    sys.stdout.write("\r")
    sys.stdout.flush()

目Crypto

暗号 特徴
圧縮ファイル 頻度解析を行うと0x00~0xffの値はほぼ均一に 0.4%程度
シーザー暗号 意味不明な文字列かつ英数字以外の文字がそれなりに英語の文章っぽい
ADFGV暗号 ADFGVの文字が目立つ。ADFGVX?暗号は必ずマトリックスが必要
ADFGVX暗号 ADFGV以外にXを含んでいるかどうか。ADFGVX?暗号は必ずマトリックスが必要
Vigenere暗号 大文字だけor小文字だけかつ特定のパターンを繰り返しているように見える
ポリュビオスの暗号表 111523...のように2つの数値がペアになっているように見える数列(偶数長) 隣り合う数値で一意に変換可能なため、アルファベットに変換して換字式ソルバに流す
ガラケーのキーパッド 改行で区切られていてそれぞれの行に0-9の数値
Base64 大文字,小文字のアルファベットに加え,"_"と"/"の全部で64種類
Base32 大文字と数字と=しか存在しない

CTF的 覚えておくべき暗号・攻撃とその見分け方 @elliptic_shiho先生
http://elliptic-shiho.xyz/slide/ctf-crypto-matome.pdf

古典暗号

Portal

換字式暗号の解読
http://www.quipqiup.com/index.php http://www.blisstonia.com/software/WebDecrypto/index.php
http://rumkin.com/tools/cipher/cryptogram-solver.php

いろんな暗号デコーダのリンク一覧
http://rumkin.com/tools/cipher/

シーザー暗号

シーザー暗号解読機
http://virtualseries.web.fc2.com/decode/caesar.html

Geocaching Toolbox - Caesar cipher (ROT13)
http://www.geocachingtoolbox.com/index.php?lang=en&page=caesarCipher

ROT13

ROT13
https://www.kazamiya.net/rot13

ワンラナーでも可能

$ python -c "print \"ABC\".encode('rot13')"
$ echo ABC | tr A-Za-z N-ZA-Mn-za-m
$ echo ABC | nkf -r
$ nkf -r text.txt

ROT47

Wikipedia ROT47

ROT47 はROT13の変種で、基本的なアルファベットだけではなく、数字や他の多くの記号も変換する。ROT47はローテートするのにA-Zの範囲だけではなく、ASCIIで定義された文字コードのうちより広い範囲を用いる。

echo ABC | tr '!-~' 'P-~!-O'

Vigenere暗号(ヴィジュネル暗号)

Vigenere Solver
http://www.guballa.de/vigenere-solver

Vigenere Ciphers
http://rumkin.com/tools/cipher/vigenere.php

The Black Chamber - Vigenère Cracking Tool
http://www.simonsingh.net/The_Black_Chamber/vigenere_cracking_tool.html

ヴィジュネル暗号解読(鍵数を5ずつ増やして試していくこと)
http://smurfoncrack.com/pygenere/pygenere.php
http://www.mygeocachingprofile.com/codebreaker.vigenerecipher.aspx

大文字だけor小文字だけかつ特定のパターンを繰り返しているように見える?

CrypTool
https://www.cryptool.org/en/

Autokey暗号

Vigenere暗号の派生

₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ < 暗号楽しいです - 古典暗号 - Beaufort暗号とAutokey暗号
http://elliptic-shiho.hatenablog.com/

Beaufort暗号

Vigenere暗号の派生

₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ < 暗号楽しいです - 古典暗号 - Beaufort暗号とAutokey暗号
http://elliptic-shiho.hatenablog.com/

スキュタレー暗号

Scytale Cipher
http://www.dcode.fr/scytale-cipher

アフィン暗号

アフィン暗号解読(ただ、文字数が十分にあれば、統計的推論が可能なので、 http://www.quipqiup.com で解ける)
http://rumkin.com/tools/cipher/affine.php http://www.dcode.fr/affine-cipher http://www.richkni.co.uk/php/crypta/affine.php

ADFGVX暗号

ADFGVX encoder/decoder
http://www.grasoft.be/geotools/ADFGVX.htm

ADFGVの文字が目立つならADFGV or ADFGVX暗号

エニグマ暗号

エニグマシミュレータ
http://enigmaco.de/enigma/enigma.html

アナグラム

英語のアナグラムを作ってくれるWEBサービス
http://wordsmith.org/anagram/

ポリュビオスの暗号表

ポリュビオスの暗号表
隣り合う数値で一意に変換可能なため、アルファベットに変換して換字式ソルバに流す

111523...のように2つの数値がペアになっているように見える数列(偶数長)

Merkle-Hellmanナップサック暗号

Wikipedia - Merkle-Hellmanナップサック暗号
https://ja.wikipedia.org/wiki/Merkle-Hellman%E3%83%8A%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%B5%E3%83%83%E3%82%AF%E6%9A%97%E5%8F%B7

最近の暗号

楕円暗号

Paillier暗号

DES暗号

詳解 DES暗号化アルゴリズム
http://07c00.com/hj/des.txt

AES暗号

security etc... - Padding Oracle AttackによるCBC modeの暗号文解読と改ざん
http://rintaro.hateblo.jp/entry/2017/12/31/174327

RSA暗号

基礎的なこと

openssl 要素 説明
m 平文(元のメッセージ)
prime1,prime2 p,q :十分大きい素数(p≠q)
modulus n = pq
ϕ(n) = euler(n) = (p−1)(q−1)
publicExponent e ϕ(n) 未満かつ e と ϕ(n) は互いに素(最大公約数が1)となるような自然数
privateExponent d 1 mod ϕ(n) となるような自然数

暗号化

元をe乗して、nで割った余り(mod n)が暗号文となる。つまりaが元ならば ae mod n 。

復号

暗号文をd乗して、nで割った余り(mod n)がもとの値となる。つまりbが暗号文ならば bd mod n 。


アリスがボブにメッセージ m を安全に送りたいとき

  1. ボブは素数 p,q と, (p−1)(q−1) と互いに素な自然数 e を用意して, n=pq,d を計算する.
  2. ボブは e,n を公開する.
  3. アリスは m に対して memodn を計算してボブに送信する.
  4. ここで第三者キャロルにアリスが送信した暗号文を盗み見られたとしても, d がわからないキャロルには暗号文を解読できない.
  5. 暗号文を受け取った ボブは秘密鍵 d を用いて m を復元してメッセージを読む.

n=pqだけど、nからpとqを求めるのは現実的に無理(巨大な素数の素因数分解)という仕組み。
(鍵長が短ければ、pとqの算出が可能、40bitくらいだと解けちゃう。最近は2048bitの鍵長が一般的。)

opensslでの諸操作

2048bitの秘密鍵の作例

$ openssl genrsa 2048 > private-key.pem

秘密鍵の参照

$ openssl rsa -text < private-key.pem

公開鍵の作成

$ openssl rsa -pubout < private-key.pem > public-key.pem

公開鍵の参照

$ openssl rsa -text -pubin < public-key.pem

暗号化

$ echo "HELLO" | openssl rsautl -encrypt -pubin -inkey public-key.pem > message

復号化

$ cat message | openssl rsautl -decrypt -inkey private-key.pem

Wiener's Attack / Boneh-Durfee's low private exponent Attack

細かい数学の世界の説明は、苦手なので省略する。
要は、RSA公開鍵は

  • n(2つの素数の積:Modulus)
  • e(publicExponent)

という2つの要素があって、このeがやたらと大きいと(通常は、60000とかそんなオーダー)なぜかRSA暗号は破られる。
これを解説している日本語サイトってたぶん無いんだよね。。

opensslで、nからeが求められる(nはPEM形式である必要がある)

$ cat warmup-c6aa398e4f3e72bc2ea2742ae528ed79.pub
-----BEGIN PUBLIC KEY-----
MIICIjANBgkqhkiG9w0BAQEFAAOCAg8AMIICCgKCAQEDZxmNa1YU6VgTrdjyKkcX
vHK+HqvZM9G4aUT9t1uO0jC+YtfRtp0iIJXBKMhvggEuyxFhkf2dAYptAvhNsnvF
GiEwfchvS/dxxpHBQ+Wr5Um1vS1usaIf1icOfhtI/gYR+7LhsLNSTm9N6LTko0Xa
RKE96CW3JgjbbHxKQLeCZubIe7/e9rSDgdScRQeli81Ht21ktFkIsVi9frxNrLCx
z9bCwZV09A6y79Dp4Q3HAFytObyvUrnqw4czaNaQMcXnJGhKRPBo79HT3Altm11k
EeWL3uQ+RrmaDQSUudsoGVr5Aa/xMNSm4gPa0I2lf6fkAmKlutsqMj7aKLRGlqsw
XQKCAQEA85Wdl44C658G3vPzNdj4r9dgmVHdrGC3FLbCKvD6kS8hCzQga9JKlgHH
jfSgJ18Qf9OrVS2VBX65NOcb3c1wRcJLGFh7jI/PWt1MXYPwx3yU3JxQy+Q44rZ7
r9MWM7aq8XgdkMOtbwPQN7MyGAGyNUbUg+Z+JgZ/eyI0fdvAwtWSzoFMv138zBQU
N/FOCzmQ+IBh5fC65fAeP6cNsOlgXnz9V16cge/uxSnDP9kDeiD9is1ROsljd2gx
PmP5g4rjURzdCporUW8hSMjUdaNgoGNZRJc57s0lGrtCsBRXPkOfL6RXNVeyVpn/
wR5jHOjul1qG5+JyvPX3apNFA0j+Pw==
-----END PUBLIC KEY-----
$ cat warmup-c6aa398e4f3e72bc2ea2742ae528ed79.pub
Public-Key: (2050 bit)
Modulus:
    03:67:19:8d:6b:56:14:e9:58:13:ad:d8:f2:2a:47:
    17:bc:72:be:1e:ab:d9:33:d1:b8:69:44:fd:b7:5b:
    8e:d2:30:be:62:d7:d1:b6:9d:22:20:95:c1:28:c8:
    6f:82:01:2e:cb:11:61:91:fd:9d:01:8a:6d:02:f8:
    4d:b2:7b:c5:1a:21:30:7d:c8:6f:4b:f7:71:c6:91:
    c1:43:e5:ab:e5:49:b5:bd:2d:6e:b1:a2:1f:d6:27:
    0e:7e:1b:48:fe:06:11:fb:b2:e1:b0:b3:52:4e:6f:
    4d:e8:b4:e4:a3:45:da:44:a1:3d:e8:25:b7:26:08:
    db:6c:7c:4a:40:b7:82:66:e6:c8:7b:bf:de:f6:b4:
    83:81:d4:9c:45:07:a5:8b:cd:47:b7:6d:64:b4:59:
    08:b1:58:bd:7e:bc:4d:ac:b0:b1:cf:d6:c2:c1:95:
    74:f4:0e:b2:ef:d0:e9:e1:0d:c7:00:5c:ad:39:bc:
    af:52:b9:ea:c3:87:33:68:d6:90:31:c5:e7:24:68:
    4a:44:f0:68:ef:d1:d3:dc:09:6d:9b:5d:64:11:e5:
    8b:de:e4:3e:46:b9:9a:0d:04:94:b9:db:28:19:5a:
    f9:01:af:f1:30:d4:a6:e2:03:da:d0:8d:a5:7f:a7:
    e4:02:62:a5:ba:db:2a:32:3e:da:28:b4:46:96:ab:
    30:5d
Exponent:
    00:f3:95:9d:97:8e:02:eb:9f:06:de:f3:f3:35:d8:
    f8:af:d7:60:99:51:dd:ac:60:b7:14:b6:c2:2a:f0:
    fa:91:2f:21:0b:34:20:6b:d2:4a:96:01:c7:8d:f4:
    a0:27:5f:10:7f:d3:ab:55:2d:95:05:7e:b9:34:e7:
    1b:dd:cd:70:45:c2:4b:18:58:7b:8c:8f:cf:5a:dd:
    4c:5d:83:f0:c7:7c:94:dc:9c:50:cb:e4:38:e2:b6:
    7b:af:d3:16:33:b6:aa:f1:78:1d:90:c3:ad:6f:03:
    d0:37:b3:32:18:01:b2:35:46:d4:83:e6:7e:26:06:
    7f:7b:22:34:7d:db:c0:c2:d5:92:ce:81:4c:bf:5d:
    fc:cc:14:14:37:f1:4e:0b:39:90:f8:80:61:e5:f0:
    ba:e5:f0:1e:3f:a7:0d:b0:e9:60:5e:7c:fd:57:5e:
    9c:81:ef:ee:c5:29:c3:3f:d9:03:7a:20:fd:8a:cd:
    51:3a:c9:63:77:68:31:3e:63:f9:83:8a:e3:51:1c:
    dd:0a:9a:2b:51:6f:21:48:c8:d4:75:a3:60:a0:63:
    59:44:97:39:ee:cd:25:1a:bb:42:b0:14:57:3e:43:
    9f:2f:a4:57:35:57:b2:56:99:ff:c1:1e:63:1c:e8:
    ee:97:5a:86:e7:e2:72:bc:f5:f7:6a:93:45:03:48:
    fe:3f
$ 

eが異様に大きかったら、nとeからd(秘密鍵?)が求められる。
これを解くpythonスクリプトが公開されてる(参考を参照)

c,d,nが判れば、cから平文を複合できる。
pythonだと

pow(c, d, n)
print("%0512x" %m).decode("hex")  

でいける。


参考 ₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ < 暗号楽しいです - 公開鍵暗号 - RSA - Wiener's Attack
http://elliptic-shiho.hatenablog.com/entry/2015/12/18/205804

weak rsa

768bitであればweak rsaと呼ばれている素因数分解に成功しているものなので適当に探すだけで解けたりする

320bitだったりするとゴリ押しできる

msieveを使って、1.5h程度(corei7+32Gとかリソースを使えば)

Common Modulus Attack

前提

  • 複数のデータセットが与えられている
  • 中でもeがそれぞれ違うけどもnが全部同じ時

₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ < 暗号楽しいです - 公開鍵暗号 RSA - Common Modulus Attack, 秘密鍵からの素因数分解
http://elliptic-shiho.hatenablog.com/entry/2015/12/14/043745

Common Private Exponent Attack

dが共通で、n, eが異なる際に使用できる攻撃。

Hastad's Broadcast Attack

前提

  • 複数のデータセットが与えられている
  • データセットの中でも全てのeが同じ、かつデータセットの数 = e

Franklin-Reiter Related Message Attack

前提

  • enc(m)とenc(m+1)が与えられる
  • e, nが同じかつenc(m)とenc(am+b)が与えられている時

Coppersmith's short pad Attack

そもそも、数式をここに表現できないww

Wikipedia - Coppersmith's Attack
https://en.wikipedia.org/wiki/Coppersmith's_Attack

₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ < 暗号楽しいです - 公開鍵暗号 - RSA - 基礎 -> Coppersmith's short pad Attack
http://elliptic-shiho.hatenablog.com/entry/2015/11/12/182219

ムズ(><)

Partial-key exposure Attack / High-bit known Attack

pの上位ビットの一部が判明している時、その一部のpを p˜ と書く。この時、|p˜−p|<N1/4 が成立するならば、元のpを復元することができる。 Coppersmithの定理、Howgrave-Grahamの定理を使用する。

ムズ(><)

factordb.com

素数のデータベース(素因数分解してくれる!)
http://www.factordb.com/

参考

₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ < 暗号楽しいです - 公開鍵暗号 - RSA - 基礎
http://elliptic-shiho.hatenablog.com/entry/2015/11/12/182219

ろば電子が詰まっている - opensslでRSA暗号と遊ぶ
http://d.hatena.ne.jp/ozuma/20130510/1368114329

sekai013's blog - RSA暗号について雑にまとめた
http://sekai013.hatenablog.com/entry/2015/04/04/193447

A Python implementation of the Wiener attack on RSA public-key encryption scheme.
https://github.com/pablocelayes/rsa-wiener-attack

Capture the Swag - BCTF 2015 - warmup - Crypto Challenge
http://capturetheswag.blogspot.jp/2015/04/bctf-2015-warmup-crypto-challenge.html

詳解 RSA暗号化アルゴリズム
http://ruffnex.oc.to/kenji/xrea/rsa.txt

ius/rsatool
https://github.com/ius/rsatool

ももいろテクノロジー - PythonでPEM形式のRSA鍵を生成する方法のメモ
http://inaz2.hatenablog.com/entry/2016/02/11/162837

sonickun.log - BKPCTFのRSA暗号問題を解く
http://sonickun.hatenablog.com/entry/2016/03/23/220652

Hash

ハッシュ逆変換

CrackStation
https://crackstation.net/

MD5 decryption
http://md5decryption.com/

MD5逆変換
http://www.kiyori.co.jp/md5reverse/

MD5,SHA1逆変換
http://md5.rednoize.com/

MD5 SHA1 NTLM オンラインデータベース
http://www.hashkiller.co.uk/

Reverse MD5/SHA1 hash
https://isc.sans.edu/tools/reversehash.html

AES DES RC4 Rabbit TripleDes の複合(鍵が必要)
http://icloud.sakura.ne.jp/encrypt.html

Online Hash Crack(メルアド要るので注意)
http://www.onlinehashcrack.com/

sakurity(ハッシュの伸張攻撃 length-extension attack)
http://sakurity.com/lengthextension

ハッシュ衝突 - Hash collision

ここらへん、まだ実践したことない

Single-block collision for MD5
https://marc-stevens.nl/research/md5-1block-collision/

hashcat & oclHashcat
https://hashcat.net/hashcat/ 利用例1 利用例2

GitHub - Simple hash-mining c library and its python binding. - md5とsha1を高速(標準ライブラリの少なくとも100倍速)に探索するpythonライブラリ
https://github.com/kmyk/libproofofwork

デコード

データ変換ツール(BASE64, URLエンコード, HEX(16進ダンプ)
http://hogehoge.tk/tool/

文字列ジェネレーター(Base64,ROT13,CRC32,MIME,HTML,URL,Unicode)
http://lazesoftware.com/tool/strgen/

base64 Decoder
https://isc.sans.edu/tools/base64.html

URLエンコード、デコードのワンライナー

echo "http://hogeoge.com/encode?lang=ja&u=" | perl -MURI::Escape -lne 'print uri_escape($_)' 
echo "http%3A%2F%2Fhogeoge.com%2Fencode%3Flang%3Dja%26u%3D" | perl -MURI::Escape -lne 'print uri_unescape($_)'

日本語JPドメイン名のPunycode変換・逆変換
http://punycode.jp/

QRコード

QRazyBox
https://merricx.github.io/qrazybox/

QRコード・バーコードデコーダー
http://zxing.org/w/decode.jspx

01のやつを貼り付けてボタン押すと QR コードを描くようにしたJavaScript
https://github.com/sekai013/ksnctf/tree/master/square_cipher

参考:http://sekai013.hatenablog.com/entry/2015/04/06/220827

strong-qr-decoder - 強力なQRコード解析ツール(ただし、テキスト化が必要)
https://github.com/waidotto/strong-qr-decoder

こんな感じでテキスト化 参考:ksnctf C92 write-up

仕組みが分かれば、スマホなどいらぬ……ッ! 肉眼のみで解読するQRコード講座
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1801/31/news008.html

動画等で見え隠れするQRコード対策

PhotoShopを使う方法

動画をPhotoshopで読み込んで,全レイヤーのモードを「比較(明)」で、できるらしい。
(自分は使った事ない)

ffmpegとImageMagicを使う方法

フレームごとに切り出す

$ ffmpeg -i video.mp4k -f image2 %06d.jpg
$ ffmpeg -i video.mp4  -f image2 -vf fps=fps=1 out\video_%05d.jpg

合成

$ convert *.jpg -background none -compose lighten -flatten export.png

ImageMagicは、オプションが膨大にあるので、単に合成と言っても、多数のやり方があるっぽい。

$ convert *.png -evaluate-sequence max ../export.png

maxのほかにmeanとかminとかある。

比較明合成

SiriusCompを使う

難解プログラミング言語

Brainfuck

Brainfuck
http://ja.wikipedia.org/wiki/Brainfuck

Brainfuck言語オンラインツール
https://sange.fi/esoteric/brainfuck/impl/interp/i.html

Whitespace

Whitespace
http://ja.wikipedia.org/wiki/Whitespace

WS2JS convert Whitespace to JavaScript
http://ws2js.luilak.net/interpreter.html

zip crack

brute force attacks

FCrackZip
http://oldhome.schmorp.de/marc/fcrackzip.html

zipファイルの既知平文攻撃

暗号化zipに含まれているファイルの一部が入手できるなら、既知平文攻撃が可能。
pkcrackを使う。

https://www.unix-ag.uni-kl.de/~conrad/krypto/pkcrack.html

$ pkcrack -C [解読対象のzip] -c [平文1のファイル] -c [平文2のファイル] -P [平文をzipにしたもの] -p [平文1のファイル] -p [平文2のファイル] -d [出力先zipファイル名]

オプションの意味は、以下

-C [暗号化されたzipファイル]
-c [暗号化されたzipファイルの中で平文がわかるファイル]
-P [平文のファイルが入っている暗号化されていないzip]
-p [平文のファイル]
-d [出力先(復号したzipファイルの名前)]

その他の変換・逆変換

spamに見せたステガノグラフィツール
http://www.spammimic.com/decode.cgi

みかか変換ツール
http://tools.m-bsys.com/original_tooles/mikaka.php

漢字混じりの入力は、 選択 + [変化] で平仮名に戻せる

Memo

₍₍ (ง ˘ω˘ )ว ⁾⁾ < 暗号楽しいです
http://elliptic-shiho.hatenablog.com/

CRYPTO TOOL PORTAL
https://www.cryptool.org/en/

QR code generator for text terminals
https://github.com/fumiyas/qrc

指定されたテキストをQRコードにしてアスキーアートまたは Sixel で出力する qrc できた。qrcode-aa、qrcode-sixel(Ruby) を golangに移植したもの。Windows は AA 出力のみ対応。

プリンストン大学 CITP - MEMORY RESEARCH PROJECT SOURCE CODE
https://citp.princeton.edu/research/memory/code/

Memory imaging

USB / PXE Imaging Tools bios_memimage-1.2.tar.gz (sig)
EFI Netboot Imaging Tools efi_memimage-1.0.tar.gz (sig)

Automatic key-finding

AESKeyFinder aeskeyfind-1.0.tar.gz (sig)
RSAKeyFinder rsakeyfind-1.0.tar.gz (sig)

Error-correction for AES key schedules

AESFix aesfix-1.0.1.tar.gz (sig)

sonickun/ctf-crypto-writeups
https://github.com/sonickun/ctf-crypto-writeups

sonickunさんのCTFの暗号問題のWriteupをまとめた場所

GitLab - Keita Xagawa - Beyond-CTF-crypto
https://gitlab.com/xagawa/Beyond-CTF-crypto

base64_extraction.py Magnifier - ファイルに含まれるbase64部分を抽出・デコードしてファイルに保存するツール (3.689 KB) kanata, 2016/08/07 07:21

クリップボードから画像を追加 (サイズの上限: 100 MB)